省エネ効果もある

窓ガラスコーティングとは

光や風を室内にとりいれるために、家庭やオフィスには必ずある、「窓」ですが、この「窓」は冷暖房の効率に大きくかかわっています。 夏に室温を上昇させる熱の約70%は窓から入り、また、冬には約50%近くの熱が窓から逃げていく、というデータもあるそうです。 冷暖房の効率を上げるために、ベアガラス、内窓、断熱フィルムなど、さまざまな方法がありますが、一番簡単に導入できてコストが安く、なおかつ効果が高いものとして「窓ガラスコーティング」という方法があります。 窓ガラスコーティングは、窓ガラスに塗るだけで遮熱、断熱効果を得ることができる画期的な方法です。さらに、このコーティングにより、紫外線をカットしたり、冬場の凍結を防ぐ効果も期待できるのです。

断熱効果で快適な生活を

節電、省エネ対策が求められている昨今では、窓ガラスコーティングは環境にやさしく、かつ冷暖房効果を高められる方法として注目を集めています。 また、窓ガラスコーティングをすると、気候のよいエアコンを使用しない季節でも、日中は断熱効果で涼しく、夜は保温効果で暖かく過ごすことができるのです。 さらに、紫外線をカットする事で、日焼け予防もできますし、畳や家具の色あせを防ぐこともできます。 施行方法は、施行による汚れを防止するために窓の周辺を養生してから、施行する窓ガラスの油膜を撮り、下塗り材、コート材と塗っていきます。 専門の業者による施行が必要ですが、きちんとしたコーティングであれば長ければ10年以上も持つといわれています。 環境にやさしい、窓ガラスコーティング、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。